読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
金魚とめだかの成長記録

金魚、本日産卵!

ピンポンパールの産卵を目撃!

今朝も早くから、ピンポンパール水槽で追いかけ行動が見られた。

f:id:tochamaru:20170501073357j:image

大小合わせて6匹いる水槽。小さな白いピンポンパールが丸々大きくなったピンポンパールをつついている。つついた拍子にボロボロとこぼれ落ちた卵。慌ててペアを水槽から出しておく。結構な量の卵。

f:id:tochamaru:20170501064442j:imagef:id:tochamaru:20170501064448j:image

2回目の産卵

前回、産卵したのは2週間前。我が家で飼育中の金魚の産卵1号もピンポンパール。今日も同じ金魚が産卵。

 

tochamaru.hatenablog.com

 初産卵から孵化し、針子へと成長しているが徐々に数が減少。

f:id:tochamaru:20170501091855j:image

 今回も多くの卵を産んだが、2~3日すると卵が白くなったりカビがついてきたり。今回の卵はどれくらい無事に孵化出来るのか。

ピンポンパール水槽の掃除

ピンポンパール水槽のコケが付着しすぎる事案

我が家のピンポンパール水槽にコケがビッチリ付着するのは何故か。水草を数種類入れているから?水草の為、照明つけているから?疑問は色々あったが、兎に角、こまめな水換えを実施しながら様子を見る日々。ピンポンパールは60cm水槽に大小合わせて6匹。 この記事より少し前に取り入れたコケ防止用品。効いている!と喜んでいたのだが、使用期間は約1ヶ月というものだった。上部フィルターに入れるだけ!との手軽さから試してみたのだった。約1ヶ月後、最近またコケが出始めてきた。また同じく使用するか、お試し好きなtochamaru。他のも試すのか。 今日の水槽掃除では交換せず。水槽の外へピンポンパールを避難させコケ取りと水換えで終了。今日は、先週から取置きして貰っていたらんちゅうの青仔を引取りに馴染みのお店へ。その話は次回で!



産卵から9日目

全て孵化したmix水槽での卵。

産卵時にボウルに取り出した卵が孵化し、針子へ。この先の餌やり、水替えの事を考慮して、少し大きめの入れ物へ移動。まだ壁に張り付いたままの針子が多い中、動き始めた針子も。孵化したばかりは動かない事でOKらしい。しばらく茶柱の様に浮かんでいるだけだったので少々心配にもなった。

f:id:tochamaru:20170429232139j:image

mixより早く孵化したピンポンパール

ピンポンパールはパールスケールとも呼ばれ、金魚の中でも割と飼育が難しいとされているようだ。我が家でも、泳ぎ方に特徴がありコロコロとした体形が可愛かったので何も知らずに購入し、すぐに全滅させた苦い思い出がある。そこからもう一度ピンポンちゃんを飼いたい!と思い再チャレンジの子達が産卵した日は驚きの1日でした。

 

tochamaru.hatenablog.com

 そんなピンポンベビーは今、茶柱状態から抜け出し動き始めている。

f:id:tochamaru:20170429232145j:image

動き出したら餌やりの開始。エアレーションも開始して孵化したばかりの針子の餌には「ブラインシュリンプ」が良いとの事で、準備。

明日の心待ちにしていた、らんちゅうの迎え入れ準備も。屋外へのエアレーションの課題が残ったままなので、一時的に屋内で。

 

 

引越しから一晩経ち...。

昨日睡蓮鉢へ引っ越した我が家のメダカ。

 

tochamaru.hatenablog.com

 人影や物音ですぐ隠れてしまう。じっと静かに待って、ようやく顔見せ。

f:id:tochamaru:20170428093629j:image

ホテイ草が枯れそう…。

最近ようやく近所のお店でも見かけるようになってきた。

赤玉土や流木、睡蓮鉢まで全て茶色…。鮮やかな緑が欲しいところ。

 

 

青仔、いよいよ屋外へ。

東錦の青仔は順調に育ち、その中でも大きめの子たちを厳選して屋外へ。

f:id:tochamaru:20170427154136j:image

屋外飼育へいよいよチャレンジ。東錦青仔の成長ぶりはどうなるのか。